書籍・雑誌

2022年2月 8日 (火)

「職場学習論」(平成27年11月・警察學論集掲載)

警察學論集は、私の最後の職場だった警察大学校が編集し、立花書房が発行する警察関係雑誌です。

1948年以来、74年の歴史があり、警察部内はもちろんですが、法曹関係者、研究者等からも一目置かれていると言っても過言ではありません。

最近、警察大学校と立花書房のご英断で、一部の記事がネット公開されるようになりました。

手前味噌も甚だしいですが、平成27年11月の標記拙稿をご参考まで小欄に掲載させていただきます。

KORON 図書館 (tachibanashobo.co.jp)

正式のタイトルは『警察版「職場学習論」序説-警察教養を補完するものとして』でしたが、その「はじめに」で次のように記しました。お恥ずかしい限りですが、ここに「KORON図書館」の宣伝を兼ねて引用させていただきます。

 上から下まで多忙な現場において、職員が自らの仕事の能力(直接の実務能力だけではなく、仕事を円滑に進めるためのコミュニケーション技術等を含め、非常に多岐にわたる能力が警察組織では求められる。)を高めるためには、何をどのようにすればいいのか。幹部が部下職員に対する教育者/コーチの役割を果たすにせよ、そのための教育能力/コーチング能力をどのように身に付ければいいのか。そもそもなぜ若手人材は思うように育たないのか、なぜ管理者は適切な指導ができないのか。学校教養が不十分だからではないのか(という声が上がるが、実は各級警察学校も、苦労に苦労を重ねて人材を育てようとしている…)。

 このように、警察教養、人材育成は、常に多くの課題に直面している。これらは、一朝一夕に解決されるものでは全くないが、筆者は、従来の警察教養を補完する(別の視点から課題に光を当てる)ものとして、「職場学習」という概念に注目している。

なぜ今ごろ古い拙稿を持ち出すかと言えば、最近、文献のネット登載に関心を持つようになったからです。今や何でもネット検索に頼る学生等が増えておりますが、研究者にしても、昔ながらに図書館に行って印刷物に目を通すのは段々煩雑に感ずるようになっているとも思われます。ネット登載された文献は、検索エンジンでも引っかかる(⇒人の目に留まる)という利点がありますので、これからは何をやるにもそういう方向性を模索する必要があると痛感します。

まだ、ぼやっとした問題意識なのですが、警察謝恩伝道士としての次の方向性のヒントは、この「職場学習論」掲載の事柄にあるように感じられてなりません。

2021年11月 3日 (水)

暴対法成立30周年に思う(下)

捜査研究9月号に掲載されました。3回シリーズの最後になります。

ダウンロード - e69ab4e5afbee6b395e68890e7ab8b30e591a8e5b9b4e381abe6809de38186_e4b88b.pdf

補注:後で気付いたのですが、上記PDF中、注36に、「次表の下線の法律のように、制定後間もない状況での追加も、数本あると思われる」と記載したところ、「次表」の中の法律名の下線が脱落しておりました。これは捜査研究9月号も同じです。チェックミスであり、誠に申し訳ございません。

細かいことではあるのですが、元々は「次表」中、次の4本の法律に下線を施すつもりでした。ここに訂正して謹んでお詫びいたします。

平成5年の欄 特定債権等事業規制法(H16廃止)

平成16年の欄 50自動車再資源化法53信託業法 

平成20年の欄 57電子記録債権法

 

暴対法成立30周年に思う(中)

捜査研究8月号に掲載されたものです。

ダウンロード - e69ab4e5afbee6b395e68890e7ab8b30e591a8e5b9b4e381abe6809de38186_e4b8ad.pdf

 

暴対法成立30周年に思う(上)

東京法令出版のご厚意で、捜査研究本年7月号に掲載された標題論文をアップさせていただきます。

ダウンロード - e69ab4e5afbee6b395e68890e7ab8b30e591a8e5b9b4e381abe6809de38186_e4b88a.pdf

 

2021年3月13日 (土)

手記集「あの日、あの時、あの思い」

ダウンロード - e38381e383a9e382b7_e7b8aee588b7e78988.pdf

東日本大震災、あれから10年。

宮城県警察関係者の手記集をまとめることができました。

編集:宮城県警察退職者有志の会 出版:立花書房 です。
(上記PDFファイルが、チラシになります。警察謝恩伝道士は、同「有志の会」代表に任じております。)

ご執筆・ご協力いただいたすべての皆様に、心より感謝申し上げます。

なお、発刊は4月初めの予定です。

2016年4月 5日 (火)

雑誌BANへの寄稿

Img_0752_4

東日本大震災から5年となるに当たり、当時の対応状況を振り返り、教訓について寄稿しました。




2015年11月 6日 (金)

論文と広告の掲載

立花書房にお願いし、警察公論の12月号に「いろは川柳カード」の広告を掲載していただきました。中ほどの薄緑色ページに単色印刷したのですが、このブログには、カラー原版を載せることとしました。

おかげさまで、残部が減ってきておりますが、これでまた手に取っていただく方が増えることを望んでおります。

また、同じく立花書房の警察學論集11月号に、拙稿「警察版『職場学習論』序説―警察教養を補完するものとして」が掲載されました。この内容については、稿を改めて、ご紹介したいと思います。