« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年11月

2023年11月21日 (火)

朝日新聞「ひと」欄

本日付の標記記事において、大変ありがたいことに、私のことを取り上げていただきました(警察謝恩伝道士として、というよりも、NPO法人災害時警友活動支援ネットワーク代表理事として)。

https://www.asahi.com/articles/DA3S15797704.html?iref=pc_rensai_long_50_article

このコラムは、昔からかなり訴求力の強いもので、さっそく各方面からメッセージが寄せられました。

出来立てほやほやの当法人ですが、何とかこれをきっかけに、知名度を上げていきたいと願っております。

それにしても、書き手のI記者は、小欄でも何度かご紹介した方ですが、改めてスゴイ人だと感じました。ありがとうございました。


			

一般財団法人浩志会

11月7日に標記団体(官民の人材の資質向上と相互理解の促進を図る官民交流会組織)の研究会員勉強会で講演をいたしました。

私自身も、その昔、研究会員だったのですが、今の若いメンバーははるかにまじめに研究テーマ(=今年は『「個」の時代に「公」を育むには』という難しいものでした)に取り組んでいるという印象を受けました。

講演の内容としては、東日本大震災当時の宮城県警による各種活動をご紹介する「定番」メニューに加え、先日小欄でご紹介したNPO法人災害時警友活動支援ネットワークの設立の狙い等にも触れました。

幸い、若干のインパクトを与えることができたようで、「非常に心に沁みる話が多かった」、「当時の辛い記憶を思い出したが、記憶を呼び起こすことも『次のための教訓』と感じた」といったご感想をいただきました。

また、講演終了後に、「組織として「公」の役割を果たすときに、メンバーの自己犠牲(我慢)を強いることは許されるのか、本人が納得していればそれでよいのか(例えば、大震災のときに、家族が死傷したり自宅が損壊したりしていても、業務に従事させるのは、はたして妥当なのか)」という非常に厳しいご質問(ご指摘)も頂戴しました。正直、答えには全くなっていないのですが、「自己犠牲の極致状況で頑張っている職員に対し、せめて、制度の許す範囲内で、最大の金銭的補填を事後的に行うよう努めた」旨の回答をしました。

東日本大震災のような極端非常時における、しかも警察のような特殊組織の状況から、「個」と「公」の均衡点を見出すのは逆に極めて難しいと思いますが、改めて、当時の組織管理者として至らない点ばかりだった(あそこまでの自己犠牲を強いずに済むような手立てを講じることができなかった)ことを痛感いたしました。

そういう意味でも、逆に本会から貴重な機会をいただいた思いです。誠にありがとうございました。

2023年11月 6日 (月)

いろは川柳「ま」:「魔が差しても妄想だけにとどめよう」

魔が差しても妄想だけにとどめよう

解説ま 人は、バイオリズムの影響からか、行動や判断にブレが生ずるものです。例えば、普段は理性的な人でも、時に、突拍子もないバカな行動を起こす場合があります。「魔が差す」現象は、誰にでも生じますが、そうなった際にそのまま流されず、「来た、来た、『魔が差す』とはこれだ」と認識し、自分を制御することが大事です。妄想だけならOKという度量も必要になります。

参考:「鬼使神差」(鬼が使役し、神が差し遣わす。中国の四字熟語。鬼や神がそうさせるという意味) 「誘惑への一瞬の抵抗は、すべて勝利である」(F.W.フェイバー)

いろは川柳「や」:「やる前の準備が仕事の基本です」

やる前の準備が仕事の基本です

解説や 何事でも成功を収めるには、事前の準備が最重要です。本番前の準備をどれだけきめ細かく行えたかにより、仕事の成否が決まると言っても過言ではありません。災害、事故等、いつ発生するか分からない事象にも、常時備えなければなりません。日常生活でも、幸せを得るためには準備が肝要であり、色々な場面で起こり得るシナリオを事前に想定し、どう対処するか思い巡らす癖を付けることが大事です。

参考:「成功は、いつも事前の準備が好機に巡り会ったときに得られる」(H.ハートマン) 「準備がすべてだと思っている」(本田圭佑)

いろは川柳「く」:「訓練でミスの回数減らせるぞ」

訓練でミスの回数減らせるぞ

解説く 失敗学によれば、「失敗はありふれたもの、むしろ成功は『千三つ』(1000回に3回)」(畑村洋太郎)とのこと。ミスがあり得ると認識しつつ、ミスの数を訓練で減らすことが重要です。訓練は、個人の動作や判断、組織内の連携等、様々な面の水準の向上を目的に、繰り返し実施することが必要です。関連して、失敗を是認するのではなく、教訓として次につなげる姿勢もカギになります。

参考:「優秀さは訓練と習慣のたまものである」(アリストテレス) 「失敗なんかしていない。うまくいかない方法を700通り見つけただけだ」(T.エジソン)

いろは川柳「お」:「お互いにほめ合う職場 チームの輪」

お互いにほめ合う職場 チームの輪

解説お 組織は一種のチームであり、職員は、他の職員に対する思いやり、関心、気配りを忘れないことが大事です。 特に、人間には承認欲求があるので、長所を認められ、やったことをほめられれば、誰でもうれしいものです。チーム意識の高い職場は、お互いに声を掛け合い、ほめ合い、良い刺激を与え合う雰囲気になっていると思います。

参考:「人は長所のみとらば可なり。短所を知るを要せず」(荻生徂徠) 「チームワークといわれるものも、各人の長所をうまく組み合わせることに他ならない」(土光敏夫)

« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »